医院名:梶歯科医院 
住所:〒655-0029 兵庫県神戸市垂水区天ノ下町1−1 ウエステ垂水2F
TEL:078-707-2735

マタニティ歯科

当院のマタニティ歯科の特徴

マタニティ歯科虫歯や歯周病を抱えたまま出産・育児を迎えることが、お子様の口や身体の健康を脅かすリスクを伴うことをご存じでしょうか。
妊娠や出産、育児期間のお母様のお口の健康は、お母様、そしてお子様の健康を左右する重要なポイントなのです。当院では、妊娠前から妊娠中、そして出産後数年の時期を対象とした「マタニティ歯科」に取り組んでおります。

マイナス1歳から始めるお口のケア

マイナス1歳から始めるお口のケア産まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌が存在しません。ではなぜその後虫歯になってしまうかというと、ご家族(特にお母様)からの食べ物の口移し、食器の共用、キスなどによって感染するためだとされています。
また、重度の歯周病の妊婦さんは、健康な妊婦さんと比べて、「早産・低体重児出産」のリスクが7倍になるとも言われています。
これらのリスクを同時に、より根本的に回避するためには、「出産前、できれば妊娠前からご家族のお口の状態を改善しておくこと」が大切です。
虫歯の治療は言うまでもなく、定期的なクリーニング、お口に合った適切な歯磨きをお母様、お父様、そしてご家族が妊娠前(マイナス1歳)から取り組んでおくことで、お子様のお口と身体の健康を守ることができるのです。

妊娠前からお口のケア・虫歯の治療などをしておきましょう

「マタニティ歯科」と聞くと、妊娠してから始めるものというイメージがあるかもしれませんが、お子様の出産・育児を健康なお口で迎えるためには、妊娠前からお口のケア・虫歯の治療を開始しておくことが大切です。
また、妊娠後は体調や生活の変化が待ち受けており、お口の健康まで意識が向きにくくなる時期でもあります。慌てたり忘れたりしないためにも、妊娠を希望している段階から、お口のケア・虫歯の治療に取り組みましょう。

今日から始められるお口のケア

起きたらまず歯磨きを

起きたらまず歯磨きをお口の中の細菌は、睡眠中にどんどん繁殖していきます。
食後、就寝前以外にも、起きたらまず、歯磨きをする習慣をつけましょう。

歯磨きがつらいときはこまめなうがいを

歯磨きがつらいときはこまめなうがいをつわりで歯磨きが辛いということがあります。
そういったときには、こまめにうがいをすることで、ある程度お口の中を清潔に保つことができます。
フッ素入りの洗口剤を使用すれば、効果が高まります。
※歯磨きをするに越したことはありませんので、つわりが安定したら、できるだけ歯磨きをするようにしましょう。

ごく初期の虫歯には痛みがありません。一度当院でチェックを

ごく初期の虫歯には痛みがありません。一度当院でチェックを「痛んだりしみたりすることがない=虫歯ゼロ」と決めつけるのではなく、必ず歯科医院で歯科医にチェックしてもらうようにしましょう。これは、マタニティ歯科でも一般歯科でも、同じように注意が必要な点です。
ごく初期の虫歯には痛みがありませんので、気づかずに放置してしまい、結果的に妊娠中に治療が必要になることがあります。妊娠中にも治療は可能ですが、体調面や気分的な問題を考慮すると、やはり妊娠前に治療を行っていくことに越したことはありません。

妊娠中に起こりやすい症状や病気

妊娠中は、ホルモンバランスの変化、体調の変化(つわりなど)によって口腔ケアが不十分になりやすいことから、さまざまな症状・病気が起こりやすくなります。

妊娠性歯肉炎

ホルモンバランスの変化を原因として、妊娠初期によく起こります。歯茎の出血・腫れといった症状が見られますが、痛みはありません。そのため、気づかずに進行してしまうケースも多くなります。

虫歯

妊娠中は、唾液の粘つきが強くなり、口腔の衛生状態が悪化しがちです。食事の回数が増える方が多いこと、歯磨きが辛く不十分になる方が多いことも、虫歯の発生と関係しているようです。

胎児への悪影響

重度の歯周病の方は、そうでない方と比べ、「早産」「低体重児出産」のリスクが7倍にもなるというデータが報告されています。

先生教えて!マタニティ歯科Q&A

妊娠を考えています。歯科医院に数年行っておらず行くのが怖いのですが…

妊娠中は、つわりで気持ち悪くなったり、ホルモンバランスの変化により体調が不安定になったりと、歯磨きがおろそかになりがちです。また、食事の回数が増える妊婦さんも多く、虫歯・歯周病リスクが高まります。麻酔が必要な治療、親知らずの抜歯などが必要になった場合は、お腹の赤ちゃんへの影響を考慮して、時期をずらすこともあります。
このように、妊娠中は、お口のトラブルが起こりやすい時期であり、かつトラブルをスムーズに解消しにくい時期なのです。
出産後は育児に忙しくなることが予想されますので、できる限り、妊娠前に一度お口のトータルチェックを受けることをおすすめします。ただ、妊娠中にお口のトラブルに見舞われた際も、赤ちゃんとお母様の健康を考慮した治療を行うことが可能ですので、無理をなさらず、ご相談ください。
妊娠中の方、あるいは妊娠の可能性がある方は、必ず事前にその旨をお伝えいただきますよう、お願いします。

レントゲンはおなかの赤ちゃんに影響しないですか?

歯科で使用するレントゲンの放射線量は、お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどありません。1年間に人体が浴びる自然放射量と比べても、歯科で使用するレントゲンの放射線量は極めて微量ですのでご安心ください。

妊娠中でも麻酔は可能ですか?

妊娠中に局所麻酔を使用しても、お腹の赤ちゃんへの危険性はほとんどないことが報告されています。また痛みによるストレスを考えれば、安定期(16週~)であれば局所麻酔は、使用した方が良いでしょう。

妊娠中に痛み止めや腫れ止めの薬を飲むことは可能ですか?

当院では妊娠中はお薬を飲まずに治療することを心がけております。
しかし、薬を服用しないことでお母さんの体に悪影響がある場合には、かかりつけの産婦人科の先生と相談した上で、お腹の赤ちゃんに影響が少ない薬を必要最小限処方することがあります。